地方のサッカークラブを応援することから学ぶブログ

安曇野市に住みながら松本山雅というサッカークラブの応援を通じて学ぶことを中心に書いています

攻めて攻めて攻めきる

f:id:gon09hijiri:20190425013408j:plain

2019 Jリーグ
YBCルヴァン杯
グループステージ

第4節
vs清水エスパルス

以下
公式サイトより
反町監督の試合後の
会見文から引用

この試合で初の
先発出場を果たした
山本選手に対して
述べたコメントである

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

攻撃面ではいつも
自分に来ているボールを
下げていたんですが
「今日は絶対に下げるな」
という話をして積極的に
攻撃に絡んでいきました

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この文面を読んで
リーグ戦で同じ左サイドで
出場を続けている
高橋諒を思い浮かべた

そういえば彼が
左サイドでボールを受けた時
ボールを下げるのを
あまり見たことがない

左サイドに侵入したら
中にクロスを上げきるか
相手にボールを当てて
こっちのスローインまたは
コーナーキックを獲るような
プレーをしているなと

攻めること
最後まで攻めきること

やはり今年は
チャレンジャー精神
見てる側も気持ち的に
守りに入り込まずに
攻める気持ちで前向きに
応援しようと思った次第

新加入選手が続々と得点中

f:id:gon09hijiri:20190424231926j:plain

2019 Jリーグ
YBCルヴァン杯
グループステージ

松本山雅の第4節の
相手は一巡して
清水エスパルス
アウェイでの対戦

結果は2-2のドロー

試合映像を全て
見ていないので
細かく確認してない

しかし得点者

DF溝渕雄志と
DFエドゥアルドとは
かなり熱いのである

2人の共通点は
直近のリーグ戦で
出場機会に
恵まれていない点である

そしてもう一つ
今年の新加入選手という点

これは反町監督
会見でも度々言っている
誰が試合に出ても
松本山雅として一定の
戦い方が出来る状態を
指すのではないかと思う

たまたま得点者が
新加入選手なのかもしれないが
ゴールに絡んでいくにはまず
試合に出なければならないので
新加入からでもチームに
フィットしていることは
間違いのない事実だと思う

ここ数年は新加入選手が
レギュラーメンバーを驚かす
という状態がなかなかなく
気がつけばいつものメンバー
というのが定番だったが
今年はこの点が明らかに違う

【リーグ戦得点者】
岩上祐三
永井龍
宮阪政樹
飯田真輝
レアンドロペレイラ
前田大然

ルヴァン杯得点者】
町田也真人
高崎寛之
宮阪政樹
杉本太郎
溝渕雄志★
エドゥアルド★

★=2019新加入

ここまでの12得点の内
5得点は新加入選手だ

底上げは図られている
目に見える形で結果が出ている

次は誰が出るのか
そして次は誰が決めるのか

こんなに楽しみなことはない

中美慶哉が心を掴む理由

f:id:gon09hijiri:20190424000033j:plain

2019シーズンの
J1リーグ
8試合を終えた

松本山雅
3勝2分3敗の勝ち点11

悪くないどころか
4年前のJ1挑戦時に比べ
試合内容的にも
進化や成長を感じる

その1つに
「ビビってないこと」がある

4年前はやっぱり
相手が名の知れた
プレイヤーがいることが
J1のチームであることが

応援している身であっても
どこかで気になっていた

リードをしてても不安
試合内容は終盤
ほぼ耐えしのぐ展開で
あと少しの所で…失点
という試合展開は数知れず

今年はピッチ上で最後まで
強気の選手が何人かいる

中美慶哉はその1人だ

神戸戦ではイニエスタ
鳥栖戦ではクエンカに
世界的に有名な
プレイヤーだろうが関係なく
ガシガシと体を当てて
ボールを獲りにいっていた

こういう選手は
見ている人にも勇気を与える

ピッチ上に立てない私たちは
ピッチ外にいるにも関わらず
ピッチ上の選手に圧倒される
それが世界的に
有名なプレイヤーならば
そこの圧倒度合いは半端ない

しかしそこへガツガツ
関係なく向かっていく
松本山雅の選手への
圧倒度合いはもっと半端ない

今年の松本山雅
全ての試合がチャレンジャー
チャレンジャーには
向かっていく勇気が不可欠

だから今
松本山雅には中美が不可欠だ

点を獲ることも大事だが
今年に限っては
ビビりそうな格上の相手に
チームの良さを押し上げる
強気な選手もそれ以上に
大事と考えている

勝ち点奪取が必修の試合

f:id:gon09hijiri:20190420223230j:plain

負けていい
相手はない
という前提で

明日の試合は
負けられない相手だ

2019シーズン
J1リーグ第8節
松本山雅はホームで
サガン鳥栖と戦う

J1経験値は及ばない
選手もスーパークラス

でも負けてはいけない

この段階で相手は最下位
調子を落としている時に
勝ち点を獲ることが大事

今年の最終目的は
チームが未だ
成し遂げたことない
J1への残留にある

シーズン終了後に
15位にいればいい
個人的に順位が
それより上にいるなら
儲けもの位な感じでいる


アウェイの広島
ホームの川崎を見て
今の状態で勝つには
相当難しい相手が
いることを肌で感じた

今年の松本で
全ての相手に勝つのは
難しいかもしれない

でも
何年後には勝てる
かもしれない

その為には
まずJ1に残留しないと
挑戦権すら得られない

なので
どんなに強いチームでも
勝てそうな
状況下にいる場合は
勝ち点を獲らなければ
ならない
つまり明日は
絶対に負けてはならない


鳥栖は強い
チーム力として見ても
決して今の順位に
見合ってはいない
ただ松本にとっては
この上ないチャンスだ


今年は全てが格上の相手

全て勝つのは難しいけど
こうした局地戦は
必ずモノにして
格上の相手との経験値を
増やしたいところだ

譲らない?フリーキック

f:id:gon09hijiri:20190415153232j:plain

岩上がいたとしても
FKを譲るつもりはなかった-

とは2016年の
宮阪政樹の言葉

当時の発刊本
松本山雅FC完全読本2016」
より宮阪の
インタビュー記事から抜粋

「いたとしても」
という表現については
2人のすれ違いを指す

この年に宮阪は
松本山雅に移籍加入
ただそれと同時に
岩上祐三は大宮へ
移籍した年でもあった

当初は
チームも宮阪自身も
キッカーは2人という
構想だったかもしれない

そして今年2019
宮阪は大分からの
レンタル移籍を終えて
晴れて岩上と2人で
過ごすシーズンになる

気になるのは宮阪が
今はどう考えてる?のか

時折想像する

直接ゴールを狙える
いい位置でFKを得て
ボールへと歩み寄り
壁の方を見てブツブツと
何やら言い合う2人の姿
宮阪と岩上-

どっちが
蹴るのか譲るのか
これを試合で見ることが今
1番の楽しみだ

中央突破も加えて境界突破

f:id:gon09hijiri:20190415162959j:plain

松本山雅の2019シーズン
YBCルヴァン杯第3節
ホームでのジュビロ磐田

チーム全体の戦い方で
見ていて面白かったのが
中央からの攻撃=突破である

リーグ開幕戦で
磐田と戦った時は
主にサイドでの攻防だった

松本側は高橋諒
磐田側はアダイウトン
中央というよりは
サイドにボールを預け
攻撃の起点としていた

ナビスコ杯のこの日
スタメンのメンバーが
違うこともあってか
松本の攻めの意識は
中・中・中にあったと思う

ボランチ米原と安東
シャドーの杉本と塚川
ワントップに入った高崎

この5人がとにかく
同じイメージを共有してるように
全員がパスを回して
少ないボールタッチで
真ん中からボールを通していく

時には
ダイレクトでボールに触れて
リズム良くキレイにつなぐ
瞬間もあり
意識的にプレーしてるよね?
と思う瞬間でもあった

見てる分には
真ん中を切り裂いて
ゴールに迫ってくのは
なかなかの爽快さがある

攻撃のバリエーション
という点では
確かに増えていることを
感じた試合だった

あとは本当に
これで点が獲れるかどうか
最後のフィニッシュ課題である

太郎ちゃん攻撃センスの塊

f:id:gon09hijiri:20190415153518j:plain

2019シーズンの
YBCルヴァン杯を初めて
観戦してきた時の話

相手はジュビロ磐田
この試合で第3節である

ここまで
松本山雅は1勝1敗
予選となる同グループには
清水エスパルス
ガンバ大阪がおり
清水にはホームで勝利
大阪にはアウェイで敗退
通算成績で
1勝1敗という感じだ

ルヴァン杯
リーグ戦と平行して
行われる為
開催は平日の水曜日の
ナイター開催である
週末はリーグ戦がある為
そこから数えて中3日だ

同時に出場メンバーも
リーグ戦で出番がまだ
与えられてない選手が多く
そんな選手を実戦の中で
見るのがまた楽しい
個人的には楽しめる大会だ
※チームは大変だと思うけど

磐田相手に結果は1-3の敗戦

悔しい結果だが
今後リーグ戦で活躍しそうな
選手を事前に見れてよかった

中でも筆頭は杉本太郎である

既にリーグ戦でも
途中出場を果たしているが
90分みたい選手でもある

この日の試合
スタメン出場を果たした彼は
攻撃面で多くの機会に絡み
後半14分には
この試合唯一の得点をあげる

見ていても
攻撃の始点から終点まで
どこからでも
担当出来ることが強みだ

始点=ボールのもらい方
終点=最終的なシュート
その間=つなぐパス&ラストパス

つまり彼にボールが入ると
何かしら松本の攻撃に
スイッチが入るということ

身長は163㎝と小柄である

ただし
チャンスメイクと
このルヴァン杯で示した
仕留める力を見る限り
身長を感じさせない
ダイナミックなプレーを
随所に見せられている

またサイズ感と
プレースタイルから
昨年まで松本にいた
工藤浩平を感じさせる

攻撃に閉塞感を感じた時
アクセントを加えたい時
そんな時には
うってつけの選手だ