地方のサッカークラブを応援することから学ぶブログ

安曇野市に住みながら松本山雅というサッカークラブの応援を通じて学ぶことを中心に書いています

ブーイングする勇気

f:id:gon09hijiri:20180619004954j:plain

アドラー心理学みたいな
タイトルですが笑

内容は関係ありません

スタジアムで
応援する時
ブーイングをすることに
勇気というか一種の
ためらいを持っていたい
という話

ためらいもなく
口から自然に
ポロポロポロポロ
出てくる人には
なりたくないと
自戒の念を込めて



ホームアルウィン
行われた第19節
松本山雅vs
大分トリニータ戦は
後味の悪いゲームになった

今季ホームでの初黒星

そして
その結果を左右した
主審のジャッジ内容に
焦点はあたる


大きく2つ

前半22分の退場宣告
前半35分のPK宣告



その時
私は事が起こった
反対側の方の
ホームゴール裏から
見ていたので正直
退場とPKのジャッジは
不当か妥当かの判断が
見えなくてわからなかった


ただ
その場の雰囲気的に

「その判定はないだろう!」

だったのでそこから察して

「不当だった?んだな」

と察するしか無かった



メンバーを1人失い
PKを取られて同点
後に逆転を食らい
後半は2つの追加点

前半でゲームプランを
狂わされたチームを
見守るスタジアムは
試合終了後まで荒れる


不当かどうなのか

真意は分からなくても
ハーフタイム時点で
既にゴール裏は
主審にある程度の
怒りと疑惑をもっていた


後半に3点目と4点目を
奪われた頃には
応援の声も出ない状態

かと思いきゃ

審判団の退場時には
声を張り上げるおっさん

元気じゃん…声出るじゃん…

選手が
ゴール裏にやってきて
最後の挨拶をする時に
かける声はなし



ビデオ判定(VAR)を早く
導入してほしいと思った

白か黒か
選手もサポもみんなが
その場でハッキリさせる為に


そしてそれは
審判の質を上げるだけでなく
応援する側の質を上げる為にも


「不都合な判定だ」
「よくわからんが」
「とりあえずはだ」
「この判定をした」
「あいつは叩こう」

的な空気が嫌なのだ


目の前の
試合に集中せずに

悔しいはずなのに
よっぽど冷静に戦ってる
選手たちを鼓舞せずに


とにかく
あいつに
あの主審に
文句を言うことに
全身全霊
集中しているのが


恥ずかしい




不当だと
この目ではっきり分かったら
自信をもって
思いっきり不当を訴える
後押して選手と戦う

だから早くビデオ判定


とりあえず
ブーイング
これは避けたい

ビールじゃないんだから




試合の後
DAZNで問題の
退場シーンを見て見た

ファウルはまぁ仕方なし
でも退場はどうなの?

と個人的には思った

この辺は反町監督の言う
レポートとやらで見解知りたい

守備の職人という嘘

f:id:gon09hijiri:20180617003500j:plain

ちょっと前の試合から
薄々は気づいてたけど…

松本山雅の2018シーズン
新加入選手の6番
MFの藤田息吹
守備の職人というのは
嘘っぱちだと思う


もちろんいい意味で


それが明らかになった
第19節のホーム
大分トリニータ

この試合
前半で退場者を出した
松本山雅

1人少ない中で
後半から怒濤の攻撃

その中心に彼は居た


守備の職人は
いつものように

相手の中盤に
ボールが入った時の潰し

自軍か相手か五分五分な
セカンドボールの回収

をこなすのだが


この試合はさらに追加業務


ドリブルでボール運び
先読みからのパスカット
前線へ決定的な縦パス


…って…おい…


アナタ何でも出来るじゃん

職人の域を超えてるじゃん

しかも守備的じゃねぇーし

攻撃的にタクト振るってるし

パス精度も高くて正確だし

小柄なのにあたり負け少ないし

聞いてる話とだいぶ違うぞ!!



いや…まぁ返品は…しませんよ



守備の職人はハイレベルな
攻撃的センスを兼ね備えていた

今の戦い方だと90分間
藤田くんだけ見てても面白い

他へ移籍した選手が輝かしく見える理由

f:id:gon09hijiri:20180616121413j:plain

つくづく
守備ありきだと思う


ここ最近の
松本山雅の試合を見て
感じることだ


一時期よりも
スタメンの選手が
固定されつつあり
その選手がまた好調を
維持しているので
チームも大きく
崩れることは少なく
勝ち星を重ねている


勝った試合を思い出す時
真っ先に出てくるのは


誰が得点を決めたか?


にある

1番印象に残るからだ


それでは
得点を決められなかった
選手はどうだったのか?
と思い返すと

全然ダメ!とかではない

バーに阻まれたシュート
ドリブル突破からのクロス

その中にやはり
運動量を活かした守備力がある



前田大然や
セルジーニョなんかは
わかりやすい

あの2人はとにかく
山雅が攻める側の位置で
相手がボールを動かしはじめる
段階から積極的に獲りに行く

俗に言うハイプレス

スピードの速さと
一向に落ちない運動量は
見ていて獲れる!と思わせる

そもそも
守備面で貢献してることが
目に見えてわかることが凄い


右サイドの岩上祐三
左サイドの石原崇兆も同じだ

相手のカウンター攻撃時
自陣のディフェンスまで
一気に戻ってくる動き

これがまた速い

クロスとドリブルという
山雅の最大の武器を持つ
この2人もやはり
守備面での貢献が大きい


攻撃面で
チャンスに絡む選手は
必然的に
守備面でも目立つ存在

だから逆に言うと

攻撃面において
ある程度の計算が立っても
守備面がダメだと
スタメンは難しいという
一定基準があるのだと思う


残念ながら
松本山雅を離れ
他のチームへ移籍し
そこで活躍する選手

守備面に難があっても
攻撃面に優れた点を
もっていたのかもしれない

松本に残っていればなー

と思うのはやはり
その選手が
得点を獲った時だったり
得点に絡むプレーをした時だ


だからなんか輝いて見える


チームのスタイルによって
選手の見方は大きく変わる
選手はどのチームに所属するかで
その評価は大きく変わる


松本で活躍している選手は
守備面で貢献も高く
攻撃面でもチャンスに絡む
ハイブリッドでかつ
レベルの高い選手が多いと

勝手に思いながら応援する

ワールドカップを体感した話

f:id:gon09hijiri:20180613235812j:plain

6月14日
ロシアW杯開幕

まだあまり
その余韻が無い

ロシアvs
サウジアラビア
開幕戦を見て
それがニュースに流れ
そして日本戦が
近付いてくると
ジワジワと
沸いてくるだろうか


この
沸いてくる実感値

私は実際に
リアルな体感を
したことがある


日韓W杯の頃
私は学生で
神奈川県に居た


その時の話だ


当時私が住んでいた
藤沢市の近隣

湘南エリアの平塚市

スーパーイーグルスこと
アフリカの一国
ナイジェリアの
ナショナルチーム
キャンプをはっていた



その日

緑色とオレンジ色の
電車で有名な
東海道線に乗っていた私

藤沢に向かう電車で
ワールドカップを体感する


おそらく
平塚駅だったと思う


扉が開いた瞬間に
大音量が入ってきた

見るとおそらく
ナイジェリアサポーター
大音量が流れる
スピーカーを肩に担ぎ
歌いながら陽気に
5人ほどで車両に入ってきた


当時の日韓W杯開催前

日本では連日
暴徒化して暴れる
サッカーのサポーターを
フーリガンと揶揄し
その生態や対策について
連日テレビで特集されていた

中でも
凶悪なフーリガンがいる
とされた?サッカーの母国
イングランドが来る札幌では
防災訓練のような
町をあげての
フーリガン対策の様子も
取り上げられていた


なので

電車の中に入ってきた
目の前のサポーターを
半分はフーリガンでは
ないかと疑いながら
警戒する反面
その車内での自由奔放さに
逆に緊張して何も出来ない
状態になってしまった

ナイジェリアサポーターに
見向きもせず私も含め
耐えることを選んだ
同じ車両内にいる日本人

3駅ほどして彼らは下車した



あの時ほど強烈に
ワールドカップを
身近に感じたことはない

ナイジェリアは
死のグループと呼ばれる
予選グループで敗退した

あの時に予選グループを
突破していたらもう少し
自分の普段の生活に
ワールドカップが介入して
来たのかもしれないが

ナイトゲームの勘違い

f:id:gon09hijiri:20180612010846j:plain

松本山雅の試合は
第19節から18時以降の開催

ナイトゲームの開始だ

日中の試合と違って

選手は
涼しい気候の中で
プレーが出来るし

夜のスタジアムは
照明の光が照らされて
なんだかとても幻想的


ただし
最も日焼けをするのが
この時期でもある



よく


なんで
ナイトゲーム
見に行ってるのに
そんなに日に焼けるの?

夏は夜開催なんでしょ?
お昼の開始と違って
太陽に長い時間
当たることもないのに


という質問を受ける

そしてその質問は正しい


さらに
この質問に対する
回答はもっと正しい


試合開始は18時でも…

入場の列にまず並んで
試合前にいろいろ買って
スタジアムの周りと
中をぐるぐる回る時に
太陽の光をまだ
ガッツリ浴びてるのだ と

アウェイ京都遠征にオススメ5

f:id:gon09hijiri:20180608000028j:plain

松本山雅
アウェイ京都遠征に
オススメの場所


場所という程でも
ないけれど

最寄駅の西京極駅
うらやましさがある


J1クラブにも
駅から歩いて行ける
スタジアムは
たくさんあるけれど

この西京極駅
西京極総合競技場の
距離感は自分にとって
とてもちょうどいい近さ

めちゃくちゃ
大きい
とっても広い
駅でもないんだけど

河原町にも近く
京都駅にも
阪急四条乗り換えで
早ければ20分位


写真は
試合の日の帰りに
解放されるという
臨時の改札口

改札口が
サッカーの為に
緊急用であるなんて

やはりうらやましい


ここに
選手のポスター
貼られると
DFラインで1列に
ラッシュを
守ってるみたいで映える

エースFWに求めてしまう理由

f:id:gon09hijiri:20180605234053j:plain

今年のこれまでの
松本山雅における
FW高崎寛之について


もっと点を獲ってくれ!


という声が
最近よく聞こえてくる




もっと点を!

そう
思ってしまうには
2つの理由があると思う



1つは個人成績


2016年は
シーズン途中ながら
37試合で16得点

完全移籍を果たした
2017年は
41試合で19得点


2年連続でこの実績は
どんなFWでも
出来る芸当では無い


今このブログを
書いているのが
第17節の終了時点

単純比較で昨年の
第17節までと比べると


昨年は
この時点で7ゴール


アルウィン開幕戦の
千葉戦での2ゴールを
はじめとして
J1昇格を果たした
名古屋と長崎相手に
1ゴールずつ
乱打戦になった
讃岐戦と金沢戦でも
得点している

どんなゲームでも
高崎は決めている
という印象が
振り返っても多い


しかし今年は
まだ3ゴールにとどまる


きっちり数字を残し
その実力の高さを
証明していることが

逆に

求める部分を
強くしている気がする


もっと獲れる!と




もう1つは
チーム得点力の少なさ


今年も
1試合辺りの得点は多くなく
しかし
1試合辺りの失点も少なく

松本山雅
勝ち点を積み上げている



なので時々

どこかのチームが
大勝していたり
誰かハットトリック
決めていたりすると

どこか
うらやましく見えて

うちも!FW!
もっと点獲らないと!
ってな感覚になる




これで
チームの調子が悪い場合

FWが
点を獲らないから
勝てないんだ!

と責められるのは
よく耳にする話だ


しかしチームは
17節を終わって

今年は
7勝3敗7分の勝ち点28

昨年との同時期比較だと

6勝6敗5分の勝ち点23


まさに上向きである



今年の松本山雅
特に
2列目のポジションに
得点が期待できる
アタッカーや
シャドーストライカー
多く存在している

そのアタッカーを
上手くいかしているのも

前線で体を張り
起点となっている
高崎がいることの大きさは
疑いようのない事実


得点が獲れなくても
試合でチームに
どんな貢献をしているのか
この辺を見るのも
今年の高崎の楽しみ方だ


もう少し言えば

後半戦で
2回目の対戦をする中で
セルジーニョや前田大然
石原崇兆といった選手に
意識やマークが集中すると

今度は前戦の高崎の方で
得点が重なっていく
ケースも考えられる