地方のサッカークラブを応援することから学ぶブログ

安曇野市に住みながら松本山雅というサッカークラブの応援を通じて学ぶことを中心に書いています

ゴール裏でフルーツもらった話

f:id:gon09hijiri:20180422090725j:plain

今年のGWは
アウェイの
愛媛戦からスタート


これは2年前
2016年シーズンと
同じ日程の組み合わせ

この愛媛戦を当時
遠征した時の話です



試合は0-0の
スコアレスドロー

試合結果よりも
1番印象に残ったのは
マスコットからの
おもてなしだった


試合前の練習も半ば
一通り選手コールも終わった頃

カエル3匹と大きなミカンは
ゴール裏に向かって歩いてきた

なかなかインパクトある画だった


カエルは両手で
大きな段ボールを持っていた
ゴール裏に着くなり
最前列のコールリーダーに
段ボールを預けそそくさと
くるりと背を向け去って行った


背中を見せて立ち去る画
とてつもなくシュールだった


段ボールの中身は
オレンジとキウイフルーツ


そこに写真のメッセージ


人の気持ちを
ホッコリさせる
出来たカエル様と
オレンジ様たちだった




アウェイに行き
ユニフォーム姿で
町を歩けば
行き交う人達から
声を掛けられる

…わけではない

※松本では
ガッツリ声掛けます笑


そこをチームの
マスコットが
しかも試合直前に
スタジアムで
やってくれたことに感動した


あと愛媛県
キウイ生産量日本で1番
ということを教わった

今も
愛媛と聞けばキウイ
キウイを見れば愛媛
になっている

これがあの時
ゴール裏にいた
たくさんの人に
インプットされていれば
この役割は大成功だと思う

練習に見る主将の雰囲気作り

f:id:gon09hijiri:20180422214454j:plain

松本山雅
vsモンテディオ山形


キャプテンの役割とは
勝敗や試合の内容以上に
チームの現在を見て
常に調整を意識すること

そう定義するならば

ピッチ内練習の最初で
それを感じることが出来た



エキサイティング
シートの近くでやる
ボールを使わないで
体を動かすアップ

等間隔に置かれた
黄色のコーンに合わせ
体の向きを替えながら
選手が順番に走る


そこへゴール裏から
タイミング的に
藤田のチャントが
歌い始まった時だった


藤田の後ろに
並んでいた橋内が
藤田のチャントに
合わせて手を叩きながら
藤田のことを
いい感じで鼓舞している


ここでいう
「いい感じ」とは
半分茶化すというか
橋内も1人のサポとして
本人の目の前で
チャントを歌っているような

相手の緊張感をよい意味で解き
リラックスをさせるという感じ



橋内キャプテン

チームの雰囲気や
個人個人への気遣いが
ここのところ光る

その辺もよそ見しながら
チェックしておこうと思います

松本山雅>日本代表という実情

f:id:gon09hijiri:20180421190052j:plain

今年はW杯の年だ

にもかかわらず
こんなにも
日本代表から
興味が薄れている
自分自身がいる


今話題になってる
監督の電撃解任
仮に無かったとしても
変わらなかったと思う


監督解任よりも
大きな原因は他にあって

それはずばり松本山雅


単純に
地元を応援する熱が
国の代表を応援する熱より
かなり熱いという解釈だ



国の代表チームと
地元のクラブチームを
自分の中で浮かべると
明確に違いがあることがわかる


それは「愛着」で熱さの源


地元に練習場があって
そこで選手が練習していて
選手は毎週末に試合があって
隔週ペースで地元開催している

愛着はそこで育まれるから
今いるこの環境の問題だと思う

代表が嫌いとかではなくて


逆に言えば

松本とサッカーの
距離が縮まってきている
とも考えることも出来る


今は距離が縮まって
地元クラブを応援するという
やり方・知識・マナーを
ひたすらため込んでいる時期

次にこれが一気に広がる時
つまり代表を応援する時は
松本山雅から日本代表選手が
召集される時だと思う

橋内キャプテンへの想い

f:id:gon09hijiri:20180420230901j:plain

私は
Twitterもやってます

時は松本山雅
アウェイ戦
vsヴァンフォーレ甲府

試合後のツイートに
大量の「いいね」を
いただくことがあり
今日はそれについてです


つぶやいたのは
こんな感じの内容でした


**************

試合後に
ゴール裏で行う
勝利パフォーマンス
アルプス一万尺
中心になって踊ったのは
GKの守田選手
でもその守田選手を
前に押し出したのは
キャプテンの橋内選手
みんなが盛り上がることを
察しての行動がうれしかった

**************


たまたまゴール裏から
見えた光景だったので
割と早めにツイートした

スタジアムを出て
駐車場を出て高速に乗って
最初のSA着いた頃に
携帯から見たらびっくり
最終的に100を超えた


自慢するわけでも無く
このツイートにこれだけの
反応があることに戸惑った

その後
私がつぶやいた状況を
見事に写真4枚でTwitter上に
見える化してくれた方がいた

その方のそのツイートにも
いいねが集中していた
私もしました
ありがとうの意味も込めて


このことが
意味することを考えた時
やっぱり今年は
橋内キャプテンへの応援や
支持が半端ないんだなって
思うことで落ち着いた


今年キャプテンマークを
巻くことに異論はない
なぜなら昨年
1番試合に出てるからだ

そしてそれを
加入1年目でやってのけたこと

しかも本人は本人で
1シーズンでの出場試合数が
キャリアハイを記録したこと
これは移籍で来てくれた側は
とてもうれしい


最後に
ポジションがDFであること

今まで松本山雅には
飯田という他の選手には
しばらくは超えられないで
あろうと思われたDFであり壁
もとい砦が存在していた為だ


昨シーズンでキャプテンは
とてもいいカタチで継承された



だからこそ

今年は開幕から
なかなか勝てなかった中で
応援する人間が抱いたのは
勝利でしか晴らせないモヤモヤと
橋内は大丈夫か 橋内に勝たせたい
という新キャプテンへの想い

そんな気持ちをよそに
勝利の立役者に光を当てた
謙虚な分かってる新キャプテン


応援する者はそこにまた惹かれる


それが生んだ「いいね」の嵐だった

ボランチで鍛えたプロデュース力

f:id:gon09hijiri:20180418001227j:plain


引き続き
武井拓也さんの
トークショーから

http://gon09.hatenablog.com/entry/2018/04/16/235057


武井さんが
松本山雅に在籍中
ピッチ外で果たした
功績が以下の2つ


反町監督
お茶目な面を引き出し
みんなを喜ばせたこと


・飯田キャプテンを
イジられキャラにして
選手との距離も縮めたこと



主に武井さんが
構成を手がけた
ファン感謝デーから
このどちらもわかる


昨年は
反町監督フリーザ
飯田キャプテンをサイヤ人

アニメのドラゴンボール
キャラクターに仕上げたてて
地球人の私達をビックリさせた



トークショーの中での
武井さんの
コトバを借りれば

反さんなんて
あーいうの
好きに決まってる
やりたそうなの
わかってる笑


普段は頭脳明晰で
頭がきれる指揮官
その対局にある
アニメのコスプレ

それがサポーターが
求めているモノとも
わかっていたはずだ



飯田選手については
内部でのことなので
よくわからないけど
武井さん加入の
2016年を境にして
他選手からイジられる姿や
自虐的な発言が増えた


そして最近は髪も染めた笑


そういえば武井さん
加入年の2016年の新体制で
いきなり飯田の髪型を
イジってたなぁ
あれはヒヤヒヤしたなぁ



各個人がチームにとって
どういうキャラクターか
どういう役割を担っているか
またはサポーターが
誰のどんな姿を求めているか

そこを客観的に見ていた
という目線は中盤らしい見方

そして代理人業という
どちらかといえば個人に寄り添う
仕事においてその目線は
大いに活用されるのではないか



代理人業で第2の人生」

という記事を見た時に
最初に思い出したのは
ファン感謝デーの武井劇場だった


第2の人生も
自分の武器を大いに活かされて
活躍して欲しいものです



ちなみに
チームのことを考えると
田中隼磨選手は
いじってはいけないと
思ったとか笑

ここをイジってくる選手も
今後出てくることを期待しつつ

ファンサもプロの仕事だとわかった

f:id:gon09hijiri:20180417001443j:plain

武井拓也さん
トークショーからの話です

http://gon09.hatenablog.com/entry/2018/04/16/235057


1人の
サッカー選手として
何より
松本山雅の人間として

その任を
解かれた武井さん

トークショーには
ユニフォーム姿ではなく
カジュアルな私服
チェックのシャツで登場


とても穏やかで
軽やかな口調で
表情は柔らかい

近所の気さくな
お兄ちゃんみたいな笑
一気に親近感が湧いた



その時に改めて
選手はファンサも
仕事なんだなと感じた


サポとの距離感
リクエストの要求
そして与える印象

練習後にさらに
考えながら対応する
頭を使う瞬間だと思う

流れの中の塩対応でも
それはみんなへの平等な
印象での対応という
考えながらのやり方だ



トークショーの最後
武井さんから色紙へ
サインをいただいた

石原くんの
スタイリストの話
大然からの
7番決定連絡の話

サインの前後に
話してくれた
あの気さくな話し方と
雰囲気は忘れない

武井拓也さんに会った話

f:id:gon09hijiri:20180416233711j:plain

武井拓也さんが
松本に帰ってきた



昨シーズンまで
松本山雅で2年間プレー
オフにその年の選手として
第一号の契約満了発表

その後は移籍先など
発表されないまま
生まれ故郷の栃木県で
サッカースクール開設報道

かと思いきゃ

アウェイ新潟戦の日に
突然の松本への来訪と
代理人業の開始を発表


振り回されまくり笑


ということもあり
再び松本で
開催されることになった
トークショー


小学生~大学生の話
G大阪時代の話
奥さんとの話
ファン感謝デーの話
引退を決めた話
反町監督との話
今の仕事の話

そして
松本山雅のこれから



いろんな話を聞けて
とてもいい
トークショーだった

1つにまとめるのも
もったいないので
いくつかに分けて
明日以降アップしていきます


もう武井選手ではなくて
武井さんなのが少し寂しいけど